業績の良い優良な会社をじっくりと吟味して選び出し長く保有して株価が上昇するのを待つのが株の定石です。株式投資をする際に王道のやり方を使えば儲かりやすいと考える人が多いです。しかし、株で長期投資を試すと利益が多くなるために必要な時間が長くなるので資金効率がよくないです。特に日本の株では長期投資は成功しにくい可能性があります。なぜなら、日本株の上昇相場のトレンドは長く続かないことがありがちだからです。日本株として世界中で有名な大企業でさえ、上昇がずっと続くのではなく一定のレンジを激しく乱高下するケースが多いです。タイミング良く底値付近で株を買えた投資家なら長期投資でもしっかり儲かります。しかし、株価が頻繁に上下するときにじっと耐えて株を長期間保有し続けることは大変難しいのが現実です。やはり大変なやり方の投資を初心者が継続するのは困難です。
長期投資ではない方法で儲けるためにはルールを事前に決めてから投資するといいです。株価が上昇した時だけでなく下がってしまった時のこともあらかじめ想定してルール通りに売買すれば十分儲かります。株価が上昇している際にはいつまでも利益を伸ばそうとするのではなく一定の水準で利益を確定させておくことが重要です。また、買った銘柄が下落している時には上昇するのを待たずに損切りを決断することが大切です。株を長く投資していると下落相場がずっと続くときがあります。下落相場だから何もしないのはもったいないので信用取引をすることがベストです。信用取引をすることでリスク管理ができるメリットがあるので積極的に信用取引をした方が無難です。はっきりとした上昇トレンドの相場ならば、経験が豊富ではない素人でも深く考えなくても儲けることができます。しかし、上昇相場が終わって調整相場がいつかは来ることを頭に入れておくことが必要です。やはり株の投資で生き残れるのは難しい状況でも正しく判断をして少しでも利益を増やせるスキルがある人だけです。いろいろな動き方をするマーケットでは常に賢く投資することが欠かせないです。株を始めたばかりだと経験が多いアナリストの意見に影響されてしまいがちです。しかし、後悔しない投資をするためには自分で何度も検証をして感覚を磨くことが肝心です。自分自身で何度も考え直して作ったルールを守っていればどんな相場でも自信を持って大切な投資金を使えます。投資のルールは人それぞれなので他人の真似をするのではなく自分が投資したときに感じたことを取り入れて投資ルールを決定することが基本です。