FXの取引をする為には、基本的にはシステムを使う事になります。ただシステムにも複数の種類があって、基本的にはPC版とアプリ版になります。機能を重視したいなら、前者を使用する方が良いでしょう。しかし利便性を重視したいなら、むしろ後者のアプリ版がおすすめです。

アプリ版の主なメリット

アプリ版は、色々な場所で取引できるメリットがあります。アプリですから、もちろん場所は選びません。WEB接続できる環境さえあれば、たとえ外出先でも取引できるようになっています。
それに対してPC版の場合は、原則として自宅やオフィスに限定されるのです。基本的にはPCで取引する以上、場所は限られるでしょう。一応はノートパソコンで使用する事もできます。
それとアプリ版の場合は、全体的に少ないタップ数で取引できる傾向があります。スマートフォンでも手軽に取引できるように、1タップや2タップ程度で売買できるアプリも多いです。しかしPC版の場合は、クリック数が若干多くなる事もあります。

機能が比較的多いPC版

ですがPC版の場合は、やや多機能という声も多いです。確かに取引できる場所は限られますが、その代わりシステムは比較的充実しています。
例えばチャートのツールです。PCでもアプリでも、チャートを見ることはできます。しかし後者のアプリ版の場合は、チャートで使用できるツールの数が若干限られてしまう事も多いです。PC版のツールの種類数は50種類前後ですが、アプリ版は30種類といった具合です。
何もチャートだけではありません。その他の機能も、PC版の方が充実している傾向はあります。

一括機能もあるPC版

それとPC版の場合は、意外とスピーディーに取引できるケースも多いです。
例えば多くのPC版のシステムには、一括決済という機能があります。複数のポジションを一括で決済できるだけに、かなりスピーディーに売買できるのは便利です。
しかしアプリ版の場合は、その一括という機能が実装されていない事があります。ですからポジション整理するのに時間がかかってしまう事も多いです。

PC版とアプリ版はどちらが良いか

ではFXのツールは、PC版とアプリ版のどちらがおすすめかというと、それは状況次第です。
普段から外出する機会が比較的多いなら、後者のアプリ版を活用してみるのも悪くありません。また多機能なツールを活用して取引したいなら、基本的にはPC版が推奨されます。自分のニーズ次第です。